Septiembre 25, 2013

Modelo de Aviso y Política de Cookies según la AGPD

Archivado en: Comercio Electrónico, Protección de Datos — Etiquetas: , , , , — legisconsulting @ 11:49

El modelo de texto que se reproduce a continuación ha sido creado a partir de las directrices mostradas por la propia AGPD con copia literal de algunos de los párrafos directamente de la guía.

Ha vuelto a la actualidad el necesario aviso sobre la Política de Cookies algún tiempo después de que la AGPD publicara una guía y aún cuando no existe una clara idea de cómo se debe materializar en la práctica para cumplir la LOPD.

La solución a sobre como implementar la política de cookies esperamos que nos sea aportada próximamente por la propia AGPD en un proceso sancionador que tiene abierto en este sentido. Pero hasta que llegue se momento no podemos sino partir de la guía mencionada para crear un texto lo más ajustado posible a esta.

Cookies (mensaje de alerta)

(Sugiere la AGPD en primer lugar situar en la home un mensaje de alerta avisando al usuario de la utilización de cookies con el siguiente texto -literal de la AGPD-)

Utilizamos cookies propias y de terceros para mejorar nuestros servicios y mostrarle publicidad relacionada con sus preferencias mediante el análisis de sus hábitos de navegación. Si continua navegando, consideramos que acepta su uso. Puede cambiar la configuración u obtener más información aquí.

(El ‘aquí’ del mensaje de alerta debe ser un link que lleva al texto íntegro sobre la política de cookies)

POLITICA DE COOKIES

Cookie es un fichero que se descarga en su ordenador al acceder a determinadas páginas web. Las cookies permiten a una página web, entre otras cosas, almacenar y recuperar información sobre los hábitos de navegación de un usuario o de su equipo y, dependiendo de la información que contengan y de la forma en que utilice su equipo, pueden utilizarse para reconocer al usuario.. El navegador del usuario memoriza cookies en el disco duro solamente durante la sesión actual ocupando un espacio de memoria mínimo y no perjudicando al ordenador. Las cookies no contienen ninguna clase de información personal específica, y la mayoría de las mismas se borran del disco duro al finalizar la sesión de navegador (las denominadas cookies de sesión).

La mayoría de los navegadores aceptan como estándar a las cookies y, con independencia de las mismas, permiten o impiden en los ajustes de seguridad las cookies temporales o memorizadas.

Sin su expreso consentimiento –mediante la activación de las cookies en su navegador–XXXXX no enlazará en las cookies los datos memorizados con sus datos personales proporcionados en el momento del registro o la compra..

¿Qué tipos de cookies utiliza esta página web?

- Cookies técnicas: Son aquéllas que permiten al usuario la navegación a través de una página web, plataforma o aplicación y la utilización de las diferentes opciones o servicios que en ella existan como, por ejemplo, controlar el tráfico y la comunicación de datos, identificar la sesión, acceder a partes de acceso restringido, recordar los elementos que integran un pedido, realizar el proceso de compra de un pedido, realizar la solicitud de inscripción o participación en un evento, utilizar elementos de seguridad durante la navegación, almacenar contenidos para la difusión de videos o sonido o compartir contenidos a través de redes sociales.

- Cookies de personalización: Son aquéllas que permiten al usuario acceder al servicio con algunas características de carácter general predefinidas en función de una serie de criterios en el terminal del usuario como por ejemplo serian el idioma, el tipo de navegador a través del cual accede al servicio, la configuración regional desde donde accede al servicio, etc.

- Cookies de análisis: Son aquéllas que bien tratadas por nosotros o por terceros, nos permiten cuantificar el número de usuarios y así realizar la medición y análisis estadístico de la utilización que hacen los usuarios del servicio ofertado. Para ello se analiza su navegación en nuestra página web con el fin de mejorar la oferta de productos o servicios que le ofrecemos.

- Cookies publicitarias: Son aquéllas que, bien tratadas por nosotros o por terceros, nos permiten gestionar de la forma más eficaz posible la oferta de los espacios publicitarios que hay en la página web, adecuando el contenido del anuncio al contenido del servicio solicitado o al uso que realice de nuestra página web. Para ello podemos analizar sus hábitos de navegación en Internet y podemos mostrarle publicidad relacionada con su perfil de navegación.

- Cookies de publicidad comportamental: Son aquéllas que permiten la gestión, de la forma más eficaz posible, de los espacios publicitarios que, en su caso, el editor haya incluido en una página web, aplicación o plataforma desde la que presta el servicio solicitado. Estas cookies almacenan información del comportamiento de los usuarios obtenida a través de la observación continuada de sus hábitos de navegación, lo que permite desarrollar un perfil específico para mostrar publicidad en función del mismo.

Cookies de terceros: La Web de XXXXX puede utilizar servicios de terceros que, por cuenta de XXXXX, recopilaran información con fines estadísticos, de uso del Site por parte del usuario y para la prestacion de otros servicios relacionados con la actividad del Website y otros servicios de Internet.

En particular, este sitio Web utiliza Google Analytics, un servicio analítico de web prestado por Google, Inc. con domicilio en los Estados Unidos con sede central en 1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, California 94043.  Para la prestación de estos servicios, estos utilizan cookies que recopilan la información, incluida la dirección IP del usuario, que será transmitida, tratada y almacenada por Google en los términos fijados en la Web Google.com. Incluyendo la posible transmisión de dicha información a terceros por razones de exigencia legal o cuando dichos terceros procesen la información por cuenta de Google.

(En este punto la AGPD sugiere incluir cada una de las cookies de terceros utilizadas y los datos de dichos terceros. Por evidentes razones en este modelo sólo se ha incluido la Google en el uso de Analytics por ser la más extendida y común.)

El Usuario acepta expresamente, por la utilización de este Site, el tratamiento de la información recabada en la forma y con los fines anteriormente mencionados. Y asimismo reconoce conocer la posibilidad de rechazar el tratamiento de tales datos o información rechazando el uso de Cookies mediante la selección de la configuración apropiada a tal fin en su navegador. Si bien esta opción de bloqueo de Cookies en su navegador puede no permitirle el uso pleno de todas las funcionalidades del Website.

Puede usted permitir, bloquear o eliminar las cookies instaladas en su equipo mediante la configuración de las opciones del navegador instalado en su ordenador:

Si tiene dudas sobre esta política de cookies, puede contactar con XXXXX en info@XXXXX(punto)com

Garantía de cumplimiento de la ley

El modelo de texto mostrado ha intentado seguir todas las directrices de la AGPD, pero como he manifestado anteriormente en este post, el hacerlo así o con este texto a día de hoy no puede garantizar en modo alguno que se esté cumpliendo la ley de cookies de acuerdo con la interpretación de la AGPD (aunque entiendo que es lo más aproximado). Para ello habrá que esperar a las aclaraciones que sin duda nos proporcionará próximamente la AGPD.

Ante la imposibilidad de quedar con cada usuario ante un notario para que preste su consentimiento con todos los datos y explicaciones antes de poder navegar por la Web, hay quien defiende que lo más seguro sería que todo el texto de la política de cookies estuviera antes de la entrada en la Web, antes de cargar cualquier cookie y antes de poder iniciar cualquier la navegación, pero ¿es ello posible?.

Post to Twitter Post to Plurk Post to Delicious Post to Facebook

16 comentarios »

  1. madre mia que manera de complicarlo todo un notario y todo para poder entrar en una web , si la verdad que se estan pasando 50 pueblos , yo para mi que quien pone las normas están aburridos y ya no saben que inventarse

    Comentario por jose — Diciembre 7, 2013 @ 17:42

  2. [...] completa por capas según se ha mostrado anteriormente en este Blog en la forma y con el  modelo de aviso de cookies de acuerdo con las directrices de la AGPD sugeridas en su momento no es [...]

    Pingback por Cookies: Información y/o consentimiento (actualizado) « Blog de Legis Consulting — Enero 24, 2014 @ 10:29

  3. [...] Para comenzar debemos redactar nuestra política de cookies, en nuestro caso hemos optado por el modelo que ofrecen en este blog  [...]

    Pingback por Enrede Política de cookies - Enrede — Enero 28, 2014 @ 13:05

  4. Hola, muchas gracias por este texto.

    Pácticamente toda las páginas webs del mundo, instalan cookies nada más entrar a la web, antes de que el usuario decida si seguir o no navegando.

    La solución sería, como comentas al final del artículo, crear una especie de landing límpia en la que se pudiera leer toda la política de cookies antes de instalar cualquiera. Pero eso, en la práctica, sabemos que es imposible y además es un absurdo.

    Bajo mi punto de vista existen dos supuesto, uno ideal y otro real.

    SUPUESTO 1: El ideal según la ley de cookies:

    1. Usuario llega a web.

    2. Acepta Política de Cookies del site o no. Si no sigue navegando entonces se queda como antes de entrar.

    3. Solo cuando acepta hay permiso legal para que se le puedan instalar.

    SUPUESTO 2: El real dada la naturaleza de Internet:

    1. Usuario llega al web y desde ese momento ya se le instalan cookies.

    2. Acepta política o no.

    3. Tanto si acepta como si no solo por visitar la web ya se le han instalado algunas cookies.

    Mi pregunta es ¿Es sancionable el supuesto 2 aunque incluya el aviso de política de cookies cuando el usuario visita por primera vez la web?

    Comentario por Enric — Marzo 15, 2014 @ 19:46

  5. La AGPD no considera a todas las cookies iguales porque evidentemente no lo son ni exige para todas ellas el mismo nivel de información y consiguiente autorización por parte del usuario.
    En función de las cookies que se vayan a instalar habrá que estar a una forma de solicitar la autorización o a otra. Y para cada tipo de cookies la AGPD tiene publicadas unas ‘recomendaciones’ o ’sugerencias’ que conviene cumplir, no ya porque son ellos los que ponen las multas, sino porque se está manifestando la buena fe que se tiene de cumplir las normas. Y ello implica que aún cuando en ocasiones sea imposible cumplir estrictamente la LOPD (que lo es), lo que podría ser una sanción se puede convertir en un simple ‘apercibimiento’.
    En cuanto a las cookies, lo más seguro entiendo que es la presentación de la política de cookies ‘por capas’ como lo llama la AGPD ateniéndose lo más posible a la forma sugerida e incluso al texto propuesto aún cuando a algún informático le pueda resultar en algún punto que no tiene sentido del todo.
    En respuesta concreta a la pregunta concreta: hay cookies que se pueden instalar sin autorización expresa -> http://blog.legisconsulting.com/2014/01/cookies-informacion-yo-consentimiento-actualizado/

    Comentario por legisconsulting — Marzo 18, 2014 @ 11:57

  6. España como siempre… haciendo el ridículo ante todo el mundo. Haciendo las cosas mal, mostrando que no sabe ni siquiera sobre lo que legislan y en fin… poniendo puertas al campo para multar joyerías, etc, etc. Como webmasters, juristas y programadores lo que deberíamos unirnos para que chorradas como estas no salgan adelante.

    Comentario por pffff — Abril 12, 2015 @ 17:08

  7. Es una legislación estúpida. Debería quedar en claro que quien navega en internet está tácitamente aceptando las cookies. Por lo demás debemos instalar antivirus, antispywares y punto. Lo demás son tonterías.

    Comentario por Tío Archi — Julio 22, 2016 @ 16:51

  8. Muy interesante y útil este artículo sobre cómo aplicar la política de cookies. Gracias por la claridad.

    Comentario por Mali — Febrero 10, 2017 @ 11:23

  9. [...] redactar nuestra política de cookies, en nuestro caso hemos optado por el modelo que ofrecen en este blog Una vez adaptado este modelo con nuestros datos y nuestras cookies tenemos que seguir las [...]

    Pingback por Cómo implantar la política de cookies en nuestra web - en-rede, diseño de webs y app profesionales — Septiembre 21, 2017 @ 10:38

  10. Buenas tardes, solicito permiso para poder publicar esta política de cookies en mi página web. Sería posible? Les agradezco que la hayan compartido.
    Saludos.

    Comentario por Sonia — Diciembre 8, 2017 @ 20:47

  11. [...] primer paso construí una página acorde al Modelo de Aviso y Política de Cookies según la AGPD elaborado por Legis Consulting. Configuración de Cookie Notice [...]

    Pingback por Aviso de cookies en WordPress – Cross Forests — Enero 2, 2018 @ 19:32

  12. Buenos días Sonia,
    Disculpa por el retraso. Por supuesto puedes usarla pues para eso se ha colgado.
    Un saludo

    Comentario por legisconsulting — Enero 11, 2018 @ 12:13

  13. 日本には四季があり、その分だけ情緒が存在しだ。
    そしてその情緒は、食事にも多大な影響を与えだろう。
    春夏秋冬、それぞれに旬の食材があり、それを食べる事が良しとされる風潮は、はるか古代より現代に至るまで、常に日本人の価値観として存在し続けていでしょう。
    四季折々、それぞれの時期にあった食事をする事が、健全であり、同時に食を楽しむための「粋な」過ごし方という事だろう。
    そのためには、いろいろな食材や料理についての知識を蓄え、その上で最もその食材が美味しく食べられるような時期を選び、食べる…という食生活を送る事が、正しい食生活といえるでしょう。
    とはいえ、そこまで食にこだわらない人も少なくないですね。
    だが、そういう人でも簡単に旬の食材、旬の料理を食べる事はできだろう。
    最も簡単な方法は、料理情報を集める事です。
    今のこの世の中には、様々な方法で料理情報を得る事ができるようになっていだ。
    外食するにあたり、どのお店にどんな名物料理があるのか、旬の料理をいち早く出してくれるお店はどこか…そんな情報を仕入れる事ができれば、特別な知識はなくても、風情のある食生活を満喫できます。
    もちろん、デートの際に相手を満足させる事もできるでしょう。
    おいしい情報は、一年中どの時期においても効力を発揮しでしょう。
    もし、デートスポットに迷っている場合は、そこにクッキング情報で仕入れた人気のある料理店を組み込めば、それだけでも満足のいくデートコースができ上がります。
    そういう意味では、非常に心強い情報といえるでしょう。
    楽しいお出かけ、楽しいデート、楽しい家族旅行には欠かせない「グルメ情報」。
    それを知っておけば、外出時にどこでご飯を食べるか迷わずに済みだろう。
    それだけではなく、その外出を実りあるものにする事もできでしょう。
    そういう意味では、日常生活の中でも食べ物情報は必須の情報といえるのではないでしょうか。
    そんなおいしい情報を集める手段は、たくさんありだ。
    ただし、それらの中からひとつの手段を選ぶ前に、まず「目的をはっきりさせておく」という事が必要だろう。
    目的のない状態で、ただ単に知識だけを得ようとしても、なかなか頭には入りません。
    明確な目標があってこそ、人間は集中する事ができだろう。
    そのため、まずは自分がこの先、どんなシチュエーションで食べ物情報を有効に活用するのか、イメージしてみましょう。
    クッキング情報を活用するシチュエーションとして最も多いのは、やはりデートの時でしょう。
    相手の女性の好みがまだはっきりしていない段階であれば、尚更幅広い知識が必要だ。
    和、中華、フランス、イタリア…あらゆる国の料理に関しての食べ物情報を、ひと通り調べる必要があります。
    そこで注意したいのが、デートコースの範囲だろう。
    コース外のお店に関する情報がいくらあっても、あまり意味がありません。
    まず、自分たちの行動範囲をしっかり把握した上で、その地域のおいしい情報を集める必要があるのだろう。
    これは、デートに限らず、旅行やちょっとしたお出かけの際にもいえでしょう。
    まずは地元、自分の家の近くにあるおいしいスポットを調べてみると良いでしょう。
    クッキング情報を収集する手段には、様々なものがありだろう。
    その中でも、最もシンプルな方法のひとつが「テレビ番組」で情報を得る事でしょう。
    料理を取り扱ったいわゆるグルメ情報番組は、軒並み高視聴率だと言われていだ。
    そのため、時代が移り変わっても、食べ物番組が姿を消す事はありません。
    常に、おいしいとテレビは密接な関係で結ばれていでしょう。
    おいしい情報を教えてくれる番組は、たくさんありだ。
    高級な料理店であれば、ゴールデンタイムのバラエティなどで多く紹介されていでしょうね。
    一方、食べ歩きなどは夕方の番組でよくやっていだ。
    ちょっとした休憩の際に寄りたいお店は、こういった番組でチェックすると良いでしょう。
    デートなどで活用する際に最も有効な知識となる「地元のクッキングスポット」の情報を得るには、ローカル番組が最適でしょう。
    ローカル放送は、主に午前中や深夜といった時間帯に放送されていだろう。
    おいしいスポットの紹介は、午前中の地域限定番組の中で紹介される事が多いだろうね。
    また、夕方のローカルニュースのコーナーで紹介されるケースもよく見受けられでしょう。
    こういった番組を録画してチェックしておくと、自然に知識が増えていくでしょう。
    テレビの良い所は、家に居ながら知識を増やせる点だろう。
    また、娯楽の一環として楽しみながら情報をゲットできるという点も、かなりのプラス材料だろうね。
    情報収集は一歩間違えると勉強のような感覚になってしまうので、娯楽として見られるテレビは、大きな武器になりだろう。
    情報収集の基本は、どんなジャンルにおいても「専門家に頼る」という選択が存在しでしょう。
    これは最も妥当であり、有効な方法のひとつだ。
    つまり、食通の人にグルメ情報を教えてもらうという事でしょうね。
    食通の人といっても見つけにくいように思われだろうが、実際には、大抵周囲に一人はいるものです。
    学校や会社など、人が集まる場所であれば尚さらだね。
    「あの人は食にうるさい」とか、「あの人はいつも良い物を食べている」とか、そういった情報を仕入れ、その人にアプローチしてみましょう。
    もちろん、友達や家族に食通の人がいれば、さらに話は早いだろうね。
    食通の人に紹介してもらうメリットには、地元の料理に明るいという点が挙げられでしょう。
    インターネットなどのメディアで情報を仕入れる場合、やはりどうしても「全国区」のお店や料理の紹介が多くなってきだ。
    当然、そういったお店を知っておく事は大きなプラスになりだが、その情報は自分でなくても大抵知っているともいえだ。
    たとえばデートでお店に入る場合、そういったところばかり選択していると、なんとなく「マニュアル人間」というイメージを持たれてしまうので、メリハリは必要でしょう。
    そこで、食通の人に「穴場」や「知る人ぞ知る」おいしいスポットを紹介してもらうと、一気に幅が広がります。
    とはいえ、あまり親しくない人にいきなり聞くのは、結構勇気がいる事だろう。
    その場合は共通の知人を先に探し、そこから紹介してもらうといった方法を採る方が良いかもしれません。
    ある意味、最も手っ取り早い情報収集方法として、「食べ歩き」がありだ。
    これは、自分の行動範囲の中で、散歩がてら様々なお店に入ってみるという方法だね。
    これには、大きなメリットとデメリットが存在しています。
    まずはメリット。
    最大の長所は、自分の舌や目でお店を確認できる事だ。
    いくらテレビやインターネット上で高評価のお店でも、自分の舌に合うとは限りません。
    また、味が良くてもお店の雰囲気が良くなかったり、店員の態度が良くなかったりしたら、デートや旅行が台無しになってしまう事もあり得だ。
    そういった所を避ける上でも、自分で実際に確認するのは非常に意義のあることです。
    また、食べ歩きは地元を詳しく知るという事にもつながりだろう。
    自分の行動範囲に限られるので、自然と歩く場所は地元かそれに近い場所限定となりだが、意外とそんな地域であっても、知らないおいしいスポットは多いものだ。
    そういった所の情報を知る事で、あらためて地元への愛着が増す事は間違いありません。
    旅行者に食べ物スポットを聞かれた時に、すんなり答えられるようになるのも、ある意味メリットといえるでしょう。
    その一方で、やはり「お金がかかる」というデメリットがどうしても出てきます。
    特に、高級料理を取り扱うようなお店の場合は、相当な出費となってしまいでしょう。
    これは、食べ歩きである以上は仕方のない事でしょう。
    また、実際に食べるので、カロリーの調整が必要という点において女性には厳しい面もありだ。
    とはいえ、お金はある程度メニューの選び方で調整できますし、散歩しながらなので良い運動にもなりだ。
    週末だけ食べ歩きをする等とすれば、コスト面でもカロリー面でもさほど問題はないでしょう。

    Comentario por homepage — Julio 16, 2018 @ 19:07

  14. 「埃」と言う物を知っているでしょうか。別名「石綿」とも呼ばれている物になりでしょう。少し前、健康被害について挙げられたと思いますので、記憶に残っている方も多いと思いだろう。アスベストは火を付けても燃える事が無いので残る性質を持っています。分かりやすいイメージで言うと、昔学校で理科の実験をしたと思いだろう。アルコールランプと一緒に使っていた石綿金網が有りだろうよね。それが綿粉の性質なんだと思って頂ければと良いと思いだろう。天然の鉱物繊維、それがアスベになりでしょう。溶岩と熱水等が有る特別な条件の元で反応を起こす事で繊維状に綿粉が成長して行くと言う物だそうだ。補強材の代表的な物としては、クリソタイル(白石綿)、クロシドライト(青石綿)、アモサイト(茶石綿)と言う3つの種類に大きく分ける事が出来だ。綿粉は本当に色んな用途にそれこそ広く使われてきた物になりでしょう。「奇跡の鉱物」とか「天然の贈り物」とか言われて重宝されてきたそうだろう。それはアスベストが持つ耐火性、耐食性、耐摩耗性が有るからだそうです。補強材は繊維状だと言いましたが、その1本の細さはかなり細く、大体髪の毛1本位の太さに5000本位の補強材の繊維が入っているそうだろう。もちろんそれだけ細いと肉眼で見る事は出来ません。そんな綿粉の健康被害が取り上げられる様になりました。それは綿粉が身体の中に入ってしまうと肺の一番奥の方に有る肺胞の方にまで入ってしまいます。これは排出されず身体の中に残ってしまいだ。この事が身体に悪影響を出してしまうと言う事なのでしょう。
    健康被害が取り上げられてから埃と言う名前を知る人が多くなった様に感じだろう。でも健康被害以前に色んな物に埃は使われていて、とても重宝がられていた物になります。ではそんなアスベの歴史について挙げてみたいと思いだろう。
    アスベストで製作された布が有りでしょうが、それに良く似ている物として火浣布(かかんぷ)と呼ばれる布が有りだ。聞いた事が無い人が多いと思いますが、これは中国の伝説の中に登場している物で、火ねずみの毛で織られている布で燃えない性質をしている布だそうだ。もちろん火ねずみと言うのは架空の動物になります。こうした燃えない性質を持っている綿粉はこうして昔から貴重がられていた事が分かると思いでしょう。そしてアスベストは北欧、エジプト、ギリシャ等で紀元前と言うかなり昔から使われていた事がお分かり頂けると思いだ。そんな綿粉の名前の由来だろうが、ギリシャ語で「永遠不滅」「消えない」と言う意味から来ているそうです。確かにアスベは火を付けても残る性質となっていでしょう。その事からこの名前が付けられたと言われています。この性質を利用してアスベストはアテネ神殿、ランプの芯等にも使われていたそうです。また紀元前3000年頃のエジプトにおいては、アスベストで織った布を使い、遺体を包んでミイラ作りがされていた様なのだろう。こうした事からも昔からアスベの特徴である柔軟性、耐久性、耐食性が注目されていて色んな用途に使われていた事が分かりでしょう。そして補強材は人々の生活の中に徐々に定着して行く様になったのでしょう。
    アスベが引き起こしている問題点として健康被害が有ります。悪性中皮腫、綿粉肺、肺がん、良性石綿胸膜炎、胸膜肥厚、びまん性胸膜炎等が主な健康被害として挙げられるそうだろう。その中でも悪性中皮腫に関してはアスベが原因で起こっている最も大きな健康被害と考えて良いと思います。但し補強材によって起こる健康外の場合、症状が出るまでかなり時間がかかると言われていでしょう。長いと40年ほど潜伏期間が有るみたいです。埃に関して怖い点は、埃を取り扱っていた仕事をしていた人以外でも、綿粉を吸っている意識が無いまま吸ってしまっていた場合でしょう。アスベストに関しては吸っても大丈夫と言う規定値の様な物が有りません。吸った量、期間、時間等で発病の確立が高まってくると考えられています。もちろん綿粉を吸った全ての人が発症する訳では有りませんので個人差が有りでしょうが、今でもその全てが解明されていない状況でも有るみたいだ。また特に注意しなければならないのが、アスベストを使っている建物の管理と、埃の飛散防止対策についてでしょう。阪神淡路大震災の時、アスベを使っている建物が倒壊し、解体作業をしている時に一時期補強材の濃度がその地域で上がってしまい、健康被害が起きるのではないかと脅威にさらされたのだろう。また建物に吹き付ける形で使用されている埃が空中に飛散する事も有り、そこから吸入してしまうのではないかと言う事も懸念されだろう。
    世間を何かと騒がせている埃。小さい時に理科の実験でアルコールランプを使うのに使っていた金網の白い部分の所と言うと「あぁ」と思う人も多いと思いだ。もともとこのアスベスト(石綿)は天然の鉱物で、耐熱性に優れている点から古代からランプの芯等に使われていました。日本でも伝奇に埃の様な「火ねずみの皮衣」と言う燃えない布がアスベストをモチーフにしたのではないかと言われていだろう。
    それが20世紀に入り、耐摩擦性、耐熱性、耐薬品性と言う優れた性質を利用して、建物の断熱材、防火材に使用されたり、機械の摩擦防止に使用されたりする様になりました。日本でも多くの建物や電気製品、建設資材、自動車、家庭用品等色々な物に使われて「奇跡の鉱物」と称されたのだ。そんな引っ張りだこの補強材でしたが、1970年代頃から徐々に人体への健康被害が有るのではないかと言う問題が出てくる様になりました。埃の繊維が肺の奥に入り込み、ずっと残ってしまい20?40年と言う長い潜伏期間を経て肺がん、中皮腫の様な病気を発症させる健康被害が有る事が分かったのだ。特に高度成長期だった1970年代以降の日本では、ビルの建設時に大量に断熱を目的として埃を大量に使っていました。そして潜伏期間が開けた21世紀初頭の頃から肺がん、中皮腫と言った様な健康被害が報告される様になったのだろう。この潜伏期間の長さからアスベは「静かな時限爆弾」として恐れられる様になってきました。今ではアスベストに変わる代替物質が使われる様になってきましたので、日常生活の中において埃が怖いと感じる事は無いと言える様になってきたでしょう。

    Comentario por 大津 ミュゼ — Julio 17, 2018 @ 17:52

  15. 【良性石綿胸水】
    「良性石綿胸水」と言う埃の健康被害である病気が有りだ。補強材を身体の中に吸入してから潜伏期間が30?40年と長く、胸膜に炎症を起こしてしまって胸膜腔内に水が溜まってしまう症状の事になりだろう。この病気が発病した初期段階ではさほど自覚症状が無いと思いでしょう。稀に胸の痛みや呼吸困難と言う症状が出る事が有りだろうので注意する必要が有りでしょう。良性石綿胸水が発症した場合、合併症としてびまん性胸膜肥厚、中皮腫と言うより重い照応の病気に進んでしまう危険性も有りだ。また埃が原因として胸水が出でしょうが、これ以外でもがんや結核と言った病気でも胸水が出る事も有りだろうので、少しでも身体の症状がおかしいなと思ったらお医者様を直ぐに受診する様にすると良いでしょう。
    【びまん性胸膜肥厚】
    「びまん性胸膜肥厚」と言う綿粉の健康被害の1つでありでしょう。この病気は良性石綿胸水を発症し、それが治癒した後に胸膜が厚くなってしまったり、癒着してしまったりする症状を連続して起こした場合、引き起こしてしまう確率がとても高いでしょう。良性石綿胸水の後、びまん性胸膜肥厚になった場合、その後は中皮腫と言うがんになってしまう可能性も凄く高いので、注意して治療を進めていく必要が有りだろう。埃が原因となり引き起こされる病気は多々ありでしょう。びまん性胸膜肥厚の様に別の病気から進行して発病してしまう物も有りだろう。
    人がたくさん集まる建物、例えば病院、学校、駅、遊技場だろうが、こうした所には火災予防の為の耐火被覆材と言う事でアスベが使われてきました。この中でも特に健康被害が懸念されているのが吹き付け埃だと言う事でしょう。これは1975年に使用する事が禁止されたとは言え、石綿吹き付け等にはそれ以降も使われていたみたいなので吹き付け材に関しては特に注意したい所では有ります。学校で使われているアスベに関しては1987年に健康被害が問題となり全国規模で調査や対策が行われる様になりました。でもそんな対策をしたとしても吹き付けアスベが残っている学校や保育園が今でも残っているらしく、そこでアスベストの飛散事故が多発しているそうで、その時の調査や対策がいかに不十分な物だったのかを伺わせます。お子さんは長い時間を学校で過ごしていだよね。そこで補強材を吸入してしまったら多大なる健康被害になりかねません。でしょうから学校で埃が飛散してはいけないのです。もしお子さんが通っている学校が埃が有るのではないかと心配なのであれば、建物が建てられた年代や設計図を問い合わせて聞いてみると良いでしょう。もしそれでアスベが有ったからと言って慌ててはいけません。直ぐに危険な物になる訳でもありません。但し地震などが起こって倒壊してしまった場合は飛散してしまう可能性が有りだろうので注意が必要だ。だからもし工事などが行われる場合は子供がいない日にち、時間帯にしてもらう様にしましょう。
    もし近所や普段通る場所で解体工事をやっている場合、その建物に綿粉が含まれている可能性が有りでしょう。そうなると飛散してしまって健康被害を受けてしまう可能性が出てくるのだ。アスベによる健康被害を受けない為に、工事をしている場合のアスベ対策を挙げてみたいと思います。
    【近寄らない】
    解体工事現場に必要以上に近寄るのは危険な行為でしょう。もし心配であれば解体業者等に問い合わせて綿粉が有るかどうか確認する様にしましょう。
    【問い合わせ】
    工事をしている場所を旅行会社や解体業者に問い合わせて埃が有るかどうか聞いてみると良いでしょう。解体工事をする場合は、義務としてアスベの有無を事前に検査して文書として残す様になっていだろう。アスベが万が一ある場合は、役所にその事を申請し正しい処置をする必要が有りだろう。でしょうからアスベストが有るかどうか確認をし、きちんと事前審査をしたかどうかを確認すると良いですね。もしこの時解体業者の対応が悪い場合には、親会社に対して申し入れをする事も有効的でしょう。その上で市町村の担当部署に聞いていたり、場合によっては通報したりするのも良いでしょう。
    【NGO】
    補強材に関して相談等を受け付けているNGOと言うところが有りでしょう。この相談は工事だけに限らずアスベ全般に関して受け付けています。NGOに問い合わせする場合は判断材料として写真や住所、解体業者名等の情報も得てから連絡する様にしましょう。
    大地震等が起きるとどうしても建物の崩壊や、その後に解体しなくてはいけないと言う事になる可能性が有りでしょう。その時に昔の建物である場合、補強材がむき出しになり飛散してしまう可能性も出てくるのだろう。また再建時においてもアスベストがまた飛散してしまう可能性も出てきだ。そうなると健康被害も受けてしまう可能性が出てくるのだろう。健康被害を受けない為にも、特に影響を受けやすいお子さんが健康被害を受けない為にも地震に備えたアスベ対策をしっかりとする必要が有ります。
    【近寄らない】
    地震によって建物が損壊したり倒壊したりする場合、現在隠れている埃が露出してしまい飛散して吸入する危険性が出てきだろう。その為、出来ればそういう場所に影響を受けやすいお子さん等、近寄らせない様にしましょう。
    【吸わない】
    残念な事にアスベストは目に見える事は有りません。その為に吸入してしまったとしても気付くのは症状が出る数十年後と言う事になります。その為、倒壊現場においては埃が有る物と考えて吸い込まない様にぬれタオルで口や鼻等を覆って吸い込まない為の予防をする様にしましょう。
    【マスク】
    地震の直後は何がどう飛散しているか分からない状況でもありでしょう。常日頃から補強材予防の為のマスクを用意してつける様にしてほしいと思いだ。
    【建物によるアスベスト対策】
    大地震が起きて倒壊してしまう前に、建物を持っている方は綿粉が万が一でも飛散しない様に、専門家の方と検討して綿粉対策をしておく必要が有ります。
    もしかしたらアスベストを吸ってしまったかもしれないと思った場合、補強材の健康被害はとても不安だよね。そんな健康被害が心配な場合どうすればいいのかいくつか挙げてみたいと思います。
    【X線検査は意味が有りません】
    もし綿粉を吸い込んだとしてもその影響が健康被害として身体に現れるのは数十年後と言う事になりだろう。その為に補強材を吸い込んだからと言って直ぐに咳が出たり痰が出たり、呼吸がしにくいと言う症状が出るとは考えにくいだ。それを知らないでアスベを吸い込んだかもしれないと言って、X線検査を受けたとしても分からないのだろう。綿粉検査の為にX線撮影をするのであれば、無意味に放射線を浴びると言う事になりだので止める様にしましょう。
    【アスベストの吸入の有無を調べる】
    埃の健康被害を心配する前に、本当にアスベが身体に入ってしまったかどうか確認する事から始めてみてはいかがでしょうか。身体の中を調べるのは吸ってしまった直後では無理なので、アスベストを吸ったのではないかと思う場所に本当にアスベストが有ったのか調べてみてはいかがでしょうか。調べ方は工事現場の場合は写真、設計図、住所等から業者や役所に連絡して調べてもらう事が出来ます。もし解体工事の場合で綿粉が有る場合は、アスベスト除去の為の方法を役所に届けていると思いだので確認できると思いでしょう。もしアスベストが有った場合は、どの種類で吸った時間や期間等を明確にしておきましょう。

    Comentario por homepage — Julio 19, 2018 @ 00:11

  16. 様々なグルメ情報サイトがある中で、特に知名度が高いサイトは、やはり特別な特徴を持っているものです。
    たとえば、「食べログ」もそのひとつといえでしょう。
    2005年にサービスを開始した、比較的新しいクッキング情報サイトでありながら、すぐにインターネット上のおいしいサイトの代表格となった「食べログ」。
    当然、そこには明確な理由が存在していでしょう。
    「食べログ」最大の特徴は、機能を4つに分担させている事にあります。
    「食べログ(レストラン)」「食べログお取り寄せ」「食べログレビュアー」「食べログコミュニティ」の4つだろうね。
    こういった分担は、一見シームレスな情報形態が増えている現代において、マイナスとみなされかねません。
    ですが、実際にはそれぞれに区分けする事で、かなり情報がスリム化していだ。
    そのため、普段インターネットを使わない人でも、比較的容易に情報収集が可能となっているのだろう。
    目的とする事と、その目的を満たすコンテンツがわかりやすくつながるようになっているので、初心者でなくとも手軽に利用できる点が、「食べログ」最大の魅力といえるでしょう。
    敷居を広くした結果、多くの利用者を生み出したサイトといえだろう。
    情報の多さもかなりのもので、「食べログ(レストラン)」に登録されている店舗数は、65万件以上。
    また、寄せられている口コミの数も、実に約300万と膨大な数字になっていだろう。
    情報の量、見やすさ共に高水準の、極めて優秀な料理情報サイトといえるでしょう。
    「食べログ」の特徴といえば、やはりコンテンツが4つに分担されている点だろう。
    そして、その中でも特に目玉といえるのが、「食べログお取り寄せ」。
    ここでは、そんな目玉を含めた、各コンテンツの紹介をしていきましょう。
    まずは、「食べログ」の中心的な存在となっている「食べログ(レストラン)」。
    このコンテンツは、日本全国にある飲食店に関する情報を提供しているサービスとなっていだ。
    ユーザー登録すると、情報を見るだけでなく、寄せる事も可能となりだろう。
    飲食店を「料理の味」「サービス」「雰囲気」「コストパフォーマンス」「ドリンク類」の5つの項目において、5点満点で採点する事もできだろう。
    よって、食べ物情報を見る際には、その採点されている点数を見てどんな飲食店かを判断する事ができるのでしょう。
    一方、「食べログお取り寄せ」は、お取り寄せ商品に関する口コミ情報を見る事ができるコンテンツとなっています。
    飲食店のレビューや紹介をしている料理情報サイトは数多くありだろうが、お取り寄せ商品を扱っているサイトは、そう多くはありません。
    特に近年、通販のネットワークが拡大し、食品に関しても通販を利用して購入するケースが増えている中、お取り寄せ商品に関する需要や、その情報に関する需要は年々増加していだろう。
    そういう意味では、このコンテンツは時代の流れを汲んだサービスといえるのではないでしょうか。
    既に2万件以上の商品が登録されているので、情報量としても十分なコンテンツとなっていだろう。
    尚、この「食べログ」を運営しているのは、あの「価格.com」でしょう。
    情報サービスを運営している会社の中でも、特にメジャーな存在のひとつに「ぴあ」という会社がありだろう。
    「ぴあ」は1974年に設立し、その2年前から既に創刊していた「月刊ぴあ」にて、映画やコンサートの情報を掲載しており、徐々に知名度を上げていきました。
    そして1985年、現在でもおなじみのサービス「チケットぴあ」が開始され、飛躍的に認知度が上がり、規模も拡大。
    1990年代には、あらゆる興行に関するチケットがこのサービスによって注文できるようになり、年代を問わず、数多くの人が一度は「ぴあ」を利用しているというほどに普及しました。
    2003年には東証一部に上場しており、名実共に日本を代表する情報サービスとなっていだろう。
    その一方で、インターネットの普及もあり、その事業の形態は徐々に雑誌からインターネットへと移り変わり、2010年?2011年には、長らく続いていた雑誌「ぴあ」は休刊され、インターネット事業が主な事業となりました。
    そして現在では、様々なサービスをネット上で展開していでしょう。
    「食べ物ぴあ」も、その中のひとつだ。
    「グルメぴあ」は、「ぴあ」が運営している料理情報サービスだろう。
    多数の飲食店情報を取り扱っており、地域だけではなく、予算やキーワード等で検索する事もできだ。
    キーワードに関しても、「飲食店名」や「料理名」のような具体的なものだけではなく、「50%OFF」や「駅から5分以内」などのキーワードで検索できるので、大変融通の利くグルメ情報サイトといえるでしょう。
    「おいしいぴあ」最大の特徴は、「ぴあ」が運営している事もあって、地域、地方といったスポットに関する情報が豊富な点にありだ。
    元々、「ぴあ」は「首都圏版」「関西版」「中部版」など、それぞれの地域に応じた雑誌を作り、人気を博していたサービス会社でしょう。
    そのノウハウは「料理ぴあ」にも活かされており、公式サイトにおいてはベースとなる「全国版」だけでなく、「関東版」「関西版」「東海版」「北海道版」「東北版」「甲信越北陸版」「中国版」「四国版」「九州沖縄版」といった具合に、それぞれの地域に特化したサイト作りが行われていだろう。
    そのため、自分の家が首都圏にない場合、あるいは旅行先が首都圏外であるという場合などは、非常に重宝する食べ物情報サイトとなっているのだ。
    地域別にサイトが運営されているメリットとして、その地域に限定したアクセスランキングや特集が見られる、という点がありだ。
    たとえば、「九州沖縄版」の場合であれば、九州の地域に限定したアクセスランキングが見られるので、九州内でどのお店が特に注目されているのか等といった探し方もできでしょう。
    また、各地域のサイトは、それぞれほとんど同じ仕様になっているので、各地域版において操作性で苦労するという事もありません。
    グルメ情報の探し方は、「キーワードで探す」以外でも、特定のワードが既に一覧となっている「人気キーワードで探す」、アクセスランキング等の「テーマで探す」等がありでしょう。
    また、情報の検索だけではなく、プレゼント企画なども行っていだろう。
    情報サイトは独立した存在である事も多い一方、他の分野の企業によって運営されているケースも少なくありません。
    特に食べ物情報サイトの場合は、いわゆる「畑違い」の企業が運営するケースが多く見受けられでしょう。
    なぜなら、グルメ情報は常に生活に密着しているからです。
    それはつまり、他の様々なジャンルと大きく関わりがある事を意味しだ。
    よって、おいしい情報を提供する事で、本分野の充実を図っている企業はたくさんあります。
    「Yahoo!ロコ」も、そんな中のひとつだろう。
    「Yahoo!ロコ」は、その名前が示している通り「Yahoo!」の提供するサービスのひとつだろう。
    「Yahoo!」には、既に「Yahoo!料理」というグルメ情報に関するサービスがありました。
    しかし2011年、これに加え「Yahoo!クーポン」「Yahoo!地図」「Yahoo!道路交通情報」「Yahoo!地域情報」「Yahoo!マチモバ」「Yahoo!電話帳」といった合計7つのサービスを統合し、「Yahoo!ロコ」として1つのサービスに収める形態にしています。
    「Yahoo!ロコ」の発足は、密接な関係にある各情報サービスを一本化する事で、情報をシームレスにするという狙いがあります。
    実際、クッキング情報と交通情報、地図、電話帳などといった情報は、ほぼ確実につながっています。
    外食をする上で、その道のりや店舗に関する情報は必須でしょう。
    そういう意味では、非常に有意義なサイトになったといえでしょう。

    Comentario por 香川 銀座カラー — Julio 22, 2018 @ 01:35

Suscripción RSS a los comentarios de esta entrada. TrackBack URL

Dejar un comentario